フリー走行1:R.フェナティが1番時計発進

Friday, 27 April 2012

デビュー戦で2位表彰台を獲得したフェナティがセッションをリード。1番時計を記録すれば、開幕戦を制したビニャーレスがコンマ2秒差の2番手。コルテセ、オリベイラ、サロンが続き、レースとテスト経験があるトラックに挑む藤井は24番手だった。

第2戦スペインGPのフリー走行1は27日、ヘレス・サーキットで行われ、ロマーノ・フェナティがトップタイムをマークした。

気温16度。路面温度19度のドライコンディションの中、デビュー戦で2位に進出したフェナティが最初のコースインで1分49秒台を2回記録してセッションをリード。1分49秒760の1番時計を刻んだ。

オープニングレースを制したマーベリック・ビニャーレスは、1分50秒台を最多の6回記録。0.248秒差の2番手に入れば、昨年ポールポジションを獲得したサンドロ・コルテセは、0.478秒差の3番手。ミゲール・オリベイラ、ルイス・サロンが続き、開幕戦でトップ5に進出した5人がトップ5を維持。

スピード不足を改善するため、マフラーを交換したエクトル・ファウベルは、残り11分に転倒を喫した際に右膝を強打したことから、メディカルセンターに運ばれたが、転倒前のタイムで6番手。

アーサー・シシス、ダニー・ケント、ヤコブ・コーンフェール、アルベルト・モンカヨがトップ10入り。

走行経験があるトラックに挑む藤井謙汰は、1分52秒台を5回記録。2.826秒差の24番手だった

TAGS Spain

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising