フリー走行2:M.カリオが3年目で初の1番時計

Moto2™ is powered by
Friday, 27 April 2012

開幕戦で10位に進出したカリオが、フリー走行1の17番手から1番手にジャンプアップ。最初のセッションを制したザルコが2番手に入り、カルドゥス、ウエスト、マルケスがトップ5入り。高橋と中上は15番手と21番手に浮上した。

第2戦スペインGPのフリー走行2は27日、ヘレス・サーキットで行われ、ミカ・カリオがトップタイムをマークした。

気温18度。路面温度18度のウェットコンディションの中、オープニングレースで10位に進出したカリオは、フリー走行1で17番手だったが、唯一1分56秒台を突破する1分55秒675の1番時計を記録。Moto2クラスで初めてセッションを制した。

最初のセッションを制したヨハン・ザルコは、0.480秒差の2番手に進出。

16番手だったリカルド・カルドゥスは、0.524秒差の3番手にジャンプアップすると、アンソニー・ウエストが4番手を維持。

開幕戦を制したマルク・マルケスは、14番手から0.531秒差の5番手に浮上。トーマス・ルティ、アクセル・ポンス、アレックス・デ・アンジェリス、スコット・レディング、ランディ・クルメンナッハがトップ10入り。

初セッションで27番手だった高橋裕紀は、2.542秒差の15番手に進出。午前中の走行で23番手だった中上貴晶は、3.630秒差の21番手だった。

TAGS Spain

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising