フリー走行2:M.オリベイラがレインセッションを制す

Friday, 27 April 2012

ドライセッションで4番手だったオリベイラが1番時計を記録。コルテセ、ビニャーレス、コーンフェール、サロンが続き、フリー走行1を制したフェナティは21番手。藤井は24番手から3.5秒差の27番手に後退した。

第2戦スペインGPのフリー走行2は27日、ヘレス・サーキットで行われ、ミゲール・オリベイラがトップタイムをマークした。

気温16度。路面温度16度のウェットコンディションの中、フリー走行1で4番手だったミゲール・オリベイラは、1分59秒台を3回記録。1分59秒753の1番時計を刻み、初めてセッションを制した。

最初のセッションで3番手だったサンドロ・コルテセは、2分00秒台を3回記録して、0.271秒差の2番手に浮上。

ホームグランプリをポイントリーダーで迎えたマーベリック・ビニャーレスは、2分00秒台を3回記録。0.276秒差の3番手を維持すれば、ヤコブ・コーンフェール、ルイス・サロンがトップ5に進出。

車体をホンダからFTRに変更したニッコロ・アントネッリ、エフレン・バスケス、アドリアン・マルティンの3人が続き、ワイルドカード参戦のアレックス・マルケスは、スペイン選手権で使用するホンダから、チームメイトのオリベイラと同じシューターにスイッチすると、フリー走行1の11番手から9番手に進出。ジャック・ミラーがトップ10入りした。

ドライのフリー走行1を制したロマーノ・フェナティは、2分02秒台を4回記録。2.407秒差の21番手に後退したが、初日総合で1番手。

フリー走行1で24番手だった藤井謙汰は、2分03秒台を1回記録して、3.512秒差の27番手だった。

TAGS Spain

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising