フリー走行3:M.オリベイラがレインで快走の1番時計

Saturday, 28 April 2012

フリー走行2を制して初日総合4番手のオリベイラが最速リズムで周回を重ねて、ライバルたちに1秒以上のアドバンテージを広げると、シシスが25番手から2番手に浮上。ケント、サロン、フェナティが続き、初日総合24番手の藤井は3.7秒差の25番手だった。

第2戦スペインGPのフリー走行3は28日、ヘレス・サーキットで行われ、ミゲール・オリベイラがトップタイムをマークした。

気温12度。路面温度14度のレインコンディションの中、フリー走行2を制したオリベイラは、1分58秒台を5連発。1分58秒316の1番時計を記録した。

フリー走行2で25番手のアーサー・シシスは、1分59秒台を2回記録して、1.066秒差の2番手に浮上。

フリー走行2で13番手のダニー・ケントは、1分59秒台を4回記録。1.086秒差の3番手に進出すれば、フリー走行2で5番手のルイス・サロンは、1分59秒台を3回記録。1.481秒差の4番手だった。

ウェットで21番手だったが、ドライのフリー走行1を制して初日総合1番手に立ったロマーノ・フェナティは、ラスト6分に転倒を喫したが、1.537秒差の5番手。

フリー走行2で4番手のヤコブ・コーンフェールは、最終ラップに1分59秒台に乗せて6番手。

FTRのシェイクダウンを行ったエフレン・バスケスは、転倒を喫したが7番手に進出。フリー走行2で2番手のサンドロ・コルテセ、フリー走行1の転倒で右膝の靭帯を負傷したエクトル・ファウベル、ズルファミ・カイルディンがトップ10入り。

フリー走行2で3番手のマーベリック・ビニャーレスは、2.232秒差の11番手。

初日総合24番手の藤井謙汰は、セッション終了直前に転倒を喫したが、負傷はなく、2分02秒台を5回記録して、3.722秒差の25番手だった。

TAGS Spain

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising