フリー走行1:T.ルティが最速ラップをマーク

Moto2™ is powered by
Friday, 18 May 2012

ランク3位のルティが125ccクラス時代に2度の優勝を飾ったトラックで最速ラップを記録。コルシ、マルケス、レディング、カリオが続き、中上と高橋は18番手と30番手だった。

第4戦フランスGPのフリー走行1は18日、ルマン‐ブガティ・サーキットで行われ、トーマス・ルティがトップタイムをマークした。

気温16度。路面温度19度のドライコンディションの中、ランク3位のルティが125ccクラス時代に唯一2勝を挙げたトラックに戻って来ると、1分38秒台を3回記録。1分38秒303の1番時計を刻んだ。

ランク17位のシモーネ・コルシは、最初のコースインで連続21ラップを実行した後、1分38秒台を1回記録。0.155秒差の2番手に入り、今季のベストセッションとなった。

ポイントリーダーのマルク・マルケスは、1分38秒台を2回記録して、0.424秒差の3番手発進。

2日間のプライベートテストを実施したスコット・レディングとミカ・カリオは、4番手と5番手に進出。ランク4位のアンドレア・イアンノーネ、ランク2位のポル・エスパルガロ、ドミニケ・エジャーター、クラウディオ・コルティ、エステベ・ラバットがトップ10入り。

中上貴晶は、1分39秒台を4回記録して、1.385秒差の18番手。高橋裕紀は、4.430秒差の30番手だった。

TAGS France

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising