決勝レース:T.ルティが今季初優勝

Moto2™ is powered by
france le mans moto2 race luthi
Sunday, 20 May 2012

14人が転倒、12人がリタイヤした中、2番グリッドのルティが、安定した走りで今季初優勝。コルティが自己最高位となる2位を獲得すれば、レディング、イアンノーネ、カリオが続き、エスパルガロが6位に入り、ポイントリーダーに浮上。20番グリッドの高橋は転倒後に復帰して18位。ポールポジションのマルケス、2番手を走行していたザルコ、25番グリッドの中上は転倒リタイヤを喫した。

第4戦フランスGPの決勝レースは20日、ルマン‐ブガティ・サーキットで行われ、トーマス・ルティが優勝を飾った。

気温13度。路面温度14度のウェットコンディションの中、2番グリッドのトーマス・ルティが、8ラップ目にトップに浮上すると、安定したラップを刻み、125ccクラスで2勝をマークしたトラックで今季初優勝。昨年10月の第17戦マレーシアGP以来となる中量級2度目の勝利を挙げた。

9番グリッドのクラウディオ・コルティは、6.354秒差の2位。自己最高位に進出すれば、4番グリッドのスコット・レディングが、今季初の表彰台を獲得。

5番グリッドのアンドレア・イアンノーネは4位。6番グリッドのミカ・カリオは5人による5位争いに競り勝ち、ポル・エスパルガロ、アンソニー・ウエスト、マックス・ノイキルヒナー、ラタパー・ヴィライロー、ブラドリー・スミスがトップ10入り。

20番グリッドの高橋裕紀は、1ラップ目に他車の転倒に巻き込まれて転倒したが、レースに復帰して周回遅れとなったが、18位でフィニッシュ。

ウォームアップ走行を制したポールポジションのマルク・マルケスは、5番手走行中の11ラップ目に転倒。25番グリッドの中上貴晶は、11番手走行中の17ラップに転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、エスパルガロが初めてポイントリーダーに浮上。ランク2位に後退したマルケスに1ポイント差のアドバンテージを得れば、ランク3位のルティは、3ポイント差に詰めた。

次戦カタルーニャGPは、カタルーニャ・サーキットで6月1日に開幕。3日に決勝レースが行われる。

TAGS France

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising