フリー走行2:C.ストーナーが初日連続の1番時計

Friday, 18 May 2012

グランプリ開幕のプレスカンファレンスで今季末に引退することを発表したポイントリーダーのストーナーが、昨年ポール・トゥ・フィニッシュを決めたトラックで、フリー走行1に続き連続して最速リズムを記録。初日を制すると、ランク3位のペドロサが2連続の2番時計。ランク2位のロレンソが6番手から3番手に浮上。バウティスタ、スピースが続き、連続して最多ラップを周回したロッシは9番手。地元出身のド・プニエがCRT勢のトップとなる13番手に進出した。

第4戦フランスGPのフリー走行2は18日、ルマン‐ブガティ・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。初日を制した。

気温17度。路面温度23度のドライコンディションの中、フリー走行1で最速リズムを刻んだストーナーは、1分34秒台を4回、1分33秒台を3回記録。1分33秒740の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で2番手のダニ・ペドロサは、1分34秒台を6回記録して、0.265秒差の2番手を維持。

フリー走行1で6番手のホルヘ・ロレンソは、1分34秒台を連続12回、最多の16回を記録して、0.396秒差の3番手に浮上。

フリー走行1で8番手のアルバロ・バウティスタは、1分34秒台を6回記録。0.697秒差の4番手に進出すると、フリー走行1で4番手のベン・スピースは、1分34秒台を4回記録。フリー走行1で3番手のアンドレア・ドビツィオーソは、1分34秒台を6回記録。フリー走行1で7番手のカル・クラッチローは、1分34秒台を6回記録。

フリー走行1で5番手のエクトル・バルベラは、1分34秒台に乗せられなかったが、連続してドゥカティ勢の最高位を維持。フリー走行1で10番手のバレンティーノ・ロッシは、最多の23ラップを走行して、1.372秒差の9番手。ニッキー・ヘイデンは10番手。

フリー走行1で13番手だったランディ・ド・プニエは、1分36秒台を9回記録して、2.698秒差の13番手。負傷代役のクリス・バーミューレンは、5.643秒差の21番手だった。

TAGS France

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising