フリー走行3:C.ストーナーが転倒も1番時計を連発

Saturday, 19 May 2012

初日総合1番手のストーナーが転倒を喫した後に週末3度目の1番時計を刻むと、総合7番手のクラッチローがベストリザルトタイとなる2番手に進出。ドビツィオーソ、ロレンソ、バウティスタ、ペドロサが続き、ロッシが9番手から7番手に浮上。パシーニが転倒により左足を骨折した。

第4戦フランスGPのフリー走行3は19日、ルマン‐ブガティ・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温12度。路面温度14度のドライコンディションの中、初日2度のセッションを制したストーナーは、9ラップ目に縁石に乗って転倒を喫したが、1分34秒台を3回、1分33秒台を1回記録。フリー走行2のラップタイムを更新できなかったが、1分33秒945の1番時計を刻んだ。

初日総合7番手のカル・クラッチローは、1分34秒台を最多の8回記録。0.480秒差で開幕戦のフリー走行3以来となるベストリザルトタイの2番手に浮上。

初日総合6番手のアンドレア・ドビツィオーソは、1分34秒台を6回記録。0.484秒差の3番手に進出すると、初日総合3番手のホルヘ・ロレンソは、1分34秒台を5回記録して、0.511秒差の4番手。

初日総合4番手のアルバロ・バウティスタは、1分34秒台を2回記録。初日総合2番手のダニ・ペドロサは、1分34秒台を1回記録。

初日総合9番手のバレンティーノ・ロッシは、1分34秒台を2回記録して、0.812秒差の7番手。エクトル・バルベラ、ニッキー・ヘイデン、カレル・アブラハムが続いた。

初日総合5番手のベン・スピースは、1分35秒台を5回記録して、1.478秒差の11番手に後退。

初日総合13番手のランディ・ド・プニエは、1分36秒台を6回記録。2.444秒差の13番手を維持した。

初日総合15番手のマティア・パシーニは、3ラップ目にハイサイドから転倒した際に左中足骨を骨折。左手首を強打した。

TAGS France

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising