フリー走行1:M.ビニャーレスが1番時計発進

Thursday, 5 April 2012

Moto3クラスの歴史的なオープニングレースに向け、最初のセッションが行われ、3度目のオフィシャルテストを制したビニャーレスが1番時計を記録。ロッシ、サロン、オリベイラ、コルテセがトップ5入り。藤井は初めてロサイルに挑戦して25番手だった。

開幕戦カタールGPのフリー走行1は5日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、マーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマークした。

気温27度。路面温度31度のドライコンディションの中、3度目のオフィシャルテストを制したビニャーレスが、2分09秒台を2回記録。2分09秒762の1番時計を刻み、最初のセッションを制した。

ルイス・ロッシは、最終ラップに2分10秒台を突破。0.218秒差の2番手に進出すれば、ルイス・サロンは、最初のコースインで連続13ラップを走行。最終ラップにビニャーレスのスリップを利用して、0.539秒差の3番手に位置。

今年最初のテストを制したサンドロ・コルテセは、ミゲール・オリベイラに次ぐ1.118秒差の5番手。ロマーノ・フェナティ、ニクラス・アジョ、ズルファミ・カイルディン、エクトル・ファウベル、アレックス・マスボーがトップ10入り。

全日本J‐GP3の開幕戦に実戦テストとして参戦したばかりの藤井謙汰は、当地を初めて走行。セッション開始の10分後にコースアウトを喫したが、4.986秒差の25番手。

2度目のテストを制したダニー・ケントは僅か7ラップしか走れず、28番手。ルイジ・モルチアーノとエフレン・バスケスは、マシントラブルにより、コースに出なかった。

TAGS Qatar

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising