フリー走行2:P.エスパルガロが3戦連続初日連続1番時計

Moto2™ is powered by
Friday, 6 July 2012

フリー走行1を制したエスパルガロが、マシンがストップするアクシデントに見舞われたが、路面が乾いた時に1番時計を記録。エジャーター、ロルフォ、カルドゥス、ザルコが続き、ルティは7番手、マルケスは8番手、イアンノーネは12番手、FTRに乗り換えて2戦目の高橋は22番手だったが、午前のタイムで初日総合9番手。中上は32番手、総合25番手だった。

第8戦ドイツGPのフリー走行2は6日、ザクセンリンクで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマーク。初日のセッションを制した。

気温25度。路面温度26度。断続的に小雨が降り、ドライとウェットのコンディションとなった中、フリー走行1を制したエスパルガロは、ラスト10分にマシンがストップしたが、1分28秒台を2回記録。1分28秒258の1番時計を刻み、3戦連続して、初日2度のセッションを連続して制した。

午前のドライセッションで8番手だったドミニケ・エジャーターは、1分29秒台を1回記録。1.395秒差の2番手に浮上すると、ロベルト・ロルフォ、リカルド・カルドゥス、ヨハン・ザルコ、チャビエル・シメオン、トーマス・ルティが続き、フリー走行1で2番手のマルク・マルケスは2.674秒差の8番手。トニ・エリアス、アレックス・ポンスがトップ10入り。

フリー走行1で3番手だったブラドリー・スミスは、3.638秒差の11番手。6番手のアンドレア・イアンノーネは、4.480秒差の12番手。

フリー走行1で9番手に入り、今季のベストスタートを切った高橋裕紀は、8.386秒差の22番手。中上貴晶は、15.138秒差の32番手だった。

TAGS Germany

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising