フリー走行2:M.ビニャーレスが今季4度目の初日総合1番手

Friday, 6 July 2012

午前のフリー走行1で転倒を喫したポイントリーダーのビニャーレスだったが、今季4度目となる初日総合1番手に進出。最初のセッションを制したコーンフェールが自己最高位となる初日2番手。前戦で初表彰台を獲得したケント、昨年の勝者ファウベル、ザクセンリンク初挑戦のリンスが続き、地元出身のランク2位コルテセは7番手。藤井は連続の最下位だった。

第8戦ドイツGPのフリー走行2は6日、ザクセンリンクで行われ、マーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマーク。初日2度のセッションを制した。

気温27度。路面温度45度のドライコンディションの中、フリー走行1で転倒を喫して、6番手だったビニャーレスは、1分29秒台を5回、1分28秒台を最多の4回記録。1分28秒661の1番時計を刻み、カタール、ルマン、アッセンに続き、今季4度目となる初日総合トップに立った。

通算47戦目で初めてセッションを制したヤコブ・コーンフェールは、1分29秒台を6回、1分28秒台を2回記録。0.162秒差の2番手に入り、キャリアのベストスタートを切った。

前戦でキャリア初の表彰台を獲得したダニー・ケントは、1分29秒台を5回、1分28秒台を2回記録。0.182秒差で10番手から3番手に浮上すれば、昨年優勝したトラックに戻って来たエクトル・ファウベルは、1分29秒台を6回記録。0.495秒差で2番手から5番手に後退した。

ザクセンリンクに初挑戦するアレックス・リンスは、1分29秒台を9回記録。5番手に進出すると、ルイス・ロッシ、サンドロ・コルテセ、ダニー・ウェッブ、アルベルト・モンカヨ、ルイス・サロンがトップ10入り。

最初のセッションで最下位だった藤井謙汰は、1分32秒台を2回記録して、3.457秒差の35番手。2セッション続けて最下位だった。

 

アスパル・チームは、支援を受けていたバンキア銀行とマプフレ社と合意し、チーム名をバンキア・アスパル・チームからマプフレ・アスパル・チームに変更した。

TAGS Germany

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising