決勝レース:D.ペドロサが今季初優勝で3年連続のV

Sunday, 8 July 2012

レプソル・ホンダの両雄が優勝争いを展開。3番グリッドのペドロサが今季初優勝を飾り、ザクセンリンクでハットトリックを決めれば、ポールポジションのストーナーは最終ラップ目に今季初転倒。5番グリッドのロレンソが2位、8番グリッドのドビツィオーソが3位に入り、地元ブラドルが6人による5位争いに競り勝った。

第8戦ドイツGPの決勝レースは8日、ザクセンリンクで行われ、ダニ・ペドロサが今季優勝を飾った。

気温26度。路面温度37度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行に2番手に進出した3番グリッドのペドロサは、ホールショットを決め、ウォームアップ走行で最速リズムを刻んだポールポジションのケーシー・ストーナーと優勝争いを展開。

ラスト12ラップにトップに再浮上したペドロサが今季初優勝、当地で3年連続して優勝を飾れば、ストーナーは、最終ラップに今季初めての転倒リタイヤを喫した。

5番グリッドのホルヘ・ロレンソは、5ラップ目に3番手に浮上すると単独走行で7度目の表彰台を獲得。

8番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、4番グリッドのカル・クラッチロー、2番グリッドのベン・スピースとの4位争いを展開。クラッチローがラスト5ラップにコースアウトした後、ドビツィオーソが0.071秒差でスピースを抑え、2戦連続3度目の表彰台を獲得。スピースが2戦連続の4位に進出した。

終盤6人による5位争いが展開され、6番グリッドのステファン・ブラドルが抑え切り、ベストリザルトタイを獲得。9番グリッドのバレンティーノ・ロッシが6位。最後尾21番グリッドからスタートしたアルバロ・バウティスタは、14人抜きで7位。コースアウトから復帰したクラッチロー、エクトル・バルベラ、ニッキー・ヘイデンが続いた。

14番グリッドのランディ・ド・プニエは、CRT勢の最高位となる11位でフィニッシュ。

チャンピオンシップは、ロレンソがポイントリーダーを維持。ランク2位に浮上したペドロサは14ポイント差に詰め、ランク3位に後退したストーナーは20ポイント差にギャップが広がった。

次戦イタリアGPは、13日にムジェロ・サーキットで開催。15日に決勝レースが行われる。

TAGS Germany

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising