グレシーニ・レーシング、来季の第一候補はバウティスタ

gresini speaks on 2013
Monday, 27 August 2012

来季ホンダRC213Vを走らせる1枠に関して、グレシーニは、バウティスタを第一候補に挙げ、スピース、レディングらと交渉していることを明かし、近々に決定する意向を示した。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニのチームマネージャー、ファウスト・グレシーニは、第12戦チェコGP終了後、来季の体制に関して説明。アルバロ・バウティスタを中心に複数のオプションを検討していることを明らかにした。

ホンダ、ヤマハ、ドゥカティのファクトリーチームとモンスター・ヤマハ・テック3の2013年体制が決定した後、来季起用するライダーに注目が集まるホンダのサテライトチームは、昨年末に1年契約を締結したバウティスタと契約更新に関して、交渉を進めていることを認めた。

「現時点ではまだ来年の計画が決定していません。アルバロに喜んでいると言うことができ、彼を継続起用する希望を隠しません。彼を尊重し、大きなポテンシャルを具えるライダーだと思います。」

「僅か1年だけの起用は望みません。それは非常に限界があります。市場の動向を知ることは、大変難しいですが、目標は今年始めたプロジェクトを継続すること。それは非常に大切です。その一方で他の選択肢を持つことは常に大切。1人のライダーに集中することはできませんが、これは、ライダーにとって、チームにとってもゲームの一部です。」

「ベン・スピースとスコット・レディングと交渉をしています。アルバロとも交渉を持ちました。まだ何も決定していません。ホンダのバイクがあること。それが大切です。2013年プロジェクトを進めるのは困難ですが、早い時期に決定しなければいけません」と、近日中に来季ホンダRC213Vを走らせるライダーを決めることを説明した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising