フリー走行1:P.エスパルガロが4戦連続の1番時計発進

Moto2™ is powered by
Friday, 13 July 2012

ランク2位のエスパルガロがシルバーストーンから4戦連続して週末最初のセッションを制すと、イアンノーネ、ルティ、スミスが続き、ポイントリーダーのマルケスは5番手。中上と高橋は12番手と15番手。ウエストがモリワキからスピードアップに乗り換えた。

第9戦イタリアGPのフリー走行1は13日、ムジェロ・サーキットで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマークした。

気温24度。路面温度43度のドライコンディションの中、ランク2位のエスパルガロは、1分53秒台を最多の9回記録。1分53秒139の1番時計で、第6戦イギリスGPから4戦連続して週末最初のセッションを制した。

ランク4位のアンドレア・イアンノーネは、1分53秒台を4回記録。0.090秒差の2番手に入れば、ランク3位のトーマス・ルティは、1分53秒台を3回記録。0.260秒差の3番手に位置。ランク7位のブラドリー・スミスは、1分53秒台を2回記録。0.302秒差の4番手だった。

ポイントリーダーのマルク・マルケスは、1分53秒台を2回記録。0.339秒差の5番手に入り、シモーネ・コルシ、スコット・レディング、ランディ・クルメンナッハ、クラウディオ・コルティ、ミカ・カリオまでが1分53秒台に乗せて、トップ10入り。

日本勢では、中上貴晶が1分54秒台を6回記録して、1.179秒差の12番手。高橋裕紀は、1分54秒台を2回記録して、1.474秒差の15番手。

アンソニー・ウエストは、モリワキからスピードアップにマシンを乗り換えた。

TAGS Italy

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising