フリー走行1:J.ロレンソが今季2度目の1番時計発進

Friday, 13 July 2012

ポイントリーダーのロレンソが昨年優勝を飾ったムジェロに戻って来ると、TTアッセンに続き、今季2度目の1番時計発進。ストーナーとペドロサが続き、ヘイデンがドライで今季最高位となる4番手。クラッチロー、ドビツィオーソが続き、ロッシは6番手。ド・プニエがCRT勢の最高位となる12番手だった。

第9戦イタリアGPのフリー走行1は13日、ムジェロ・サーキットで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度36度のドライコンディションの中、ポイントリーダーのロレンソは、1分48秒台を最多の8回記録。1分48秒131の1番時計を刻み、第7戦TTアッセンに続き、今季2度目となる週末最初のセッションを制した。

ランク3位のケーシー・ストーナーは、1分48秒台を2回記録。0.518秒差の2番手に入ると、ランク2位のダニ・ペドロサは、1分48秒台を3回記録。0.746秒差の3番手に位置。

ランク8位のニッキー・ヘイデンは、1分49秒台を最多の10回、1分48秒台を1回記録。0.850秒差の4番手に進出して、ドライセッションで今季のベストスタートを切った。

ランク5位のカル・クラッチローは、13ラップ目にマシンがストップしたが、1分49秒台を5回記録して、0.892秒差の5番手。ランク4位のアンドレア・ドビツィオーソは、1分49秒台を7回記録して、0.907秒差の6番手。

ランク6位のバレンティーノ・ロッシは、1分49秒台を7回記録。0.907秒差の7番手に入り、最高速を記録したエクトル・バルベラ、13ラップ目にマシンがストップしたベン・スピース、ステファン・ブラドル、アルバロ・バウティスタが続いた。

CRT勢の最高位ランク12位のランディ・ド・プニエは、1分51秒台を突破して、2.818秒差の12番手。

最初のセッションの最高速は、バルベラの時速345.5キロ。CRT勢の最速を記録したジェームス・エリソンは、時速26.6キロ落ちの時速318.9キロだった。

TAGS Italy

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising