フリー走行3:T.ルティが1番手に浮上

Moto2™ is powered by
Saturday, 14 July 2012

初日を連続して制したエスパルガロが接触転倒を喫した中、初日総合3番手のルティが最速リズムを刻むと、マルケス、イアンノーネ、スミス、コルシが続き、日本勢の中上がコンマ5秒差の8番手、高橋がコンマ7秒差の11番手に進出した。

第9戦イタリアGPのフリー走行3は14日、ムジェロ・サーキットで行われ、トーマス・ルティがトップタイムをマーク。ポル・エスパルガロが3度のフリー走行を制した。

気温25度。路面温度34度のドライコンディションの中、初日総合3番手のルティは、1分53秒台を6回、1分52秒台を最多の3回記録。1分52秒795を刻み、第5戦カタルーニャGPのウォームアップ走行以来となるセッションを制した。

初日総合5番手のマルク・マルケスは、1分53秒台を8回、1分52秒台を1回記録して、0.072秒差の2番手に浮上。

初日総合4番手のアンドレア・イアンノーネは、1分53秒台を7回、1分52秒台を1回記録して、0.186秒差の3番手。初日総合2番手のブラドリー・スミスは、1分53秒台を最多の9回記録。0.325秒差の4番手に入り、シモーネ・コルシ、クラウディオ・コルティ、スコット・レディングが続いた。

初日総合9番手に中上貴晶は、1分53秒台を5回記録して、0.544秒差の8番手。

初日連続して1番時計を記録したポル・エスパルガロは、5ラップ目にヨハン・ザルコと接触転倒。右足首を強打して、クリニカ・モービルに搬送されたが、4ラップ目のラップタイムで、アレックス・デ・アンジェリスに次ぐ10番手。

初日総合16番手の高橋裕紀は、1分53秒台を7回記録して、0.702秒差の11番手だった。

TAGS Italy

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising