ウォームアップ走行:T.ルティが決勝前に2度目の1番時計

Moto2™ is powered by
Sunday, 15 July 2012

5番グリッドのルティがフリー走行3に続き2度目の最速ラップを刻むと、イアンノーネが2番手。ポールポジションのエスパルガロは3番手。コルティ、テロールが続き、2番グリッドのマルケスは6番手。中上と高橋は7番手と17番手だった。

第9戦イタリアGPのウォームアップ走行は15日、ムジェロ・サーキットで行われ、トーマス・ルティがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度29度のドライコンディションの中、5番グリッドのルティは、1分53秒台を6回、1分52秒台を1回記録。1分52秒685の1番時計を刻み、週末2度目のセッションを制した。

3番グリッドのアンドレア・イアンノーネは、1分53秒台を2回、1分52秒台を2回記録して、0.070秒差の2番手に進出。

ポールポジションのポル・エスパルガロは、1分53秒台を3回、1分52秒台を3回記録。0.250秒差の3番手に入ると、14番グリッドのクラウディオ・コルティと10番グリッドのニコラス・テロールも1分52秒台に進出。

2番グリッドのマルク・マルケスは、1分52秒台を1回記録して、0.303秒差の6番手。

9番グリッドの中上貴晶は、1分53秒台を6回記録して、0.344秒差の7番手。

今季の最高位4番グリッドのアレックス・デ・アンジェリス、公式予選の転倒で肋骨を骨折したシモーネ・コルシ、スコット・レディングがトップ10入り。

公式予選で3番手に進出して、ペナルティにより18番グリッドからスタートするヨハン・ザルコは、0.687秒差の12番手。

13番グリッドの高橋裕紀は、0.873秒差の17番手だった。

TAGS Italy

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising