フリー走行2:J.ロレンソが今季初となる初日連続の1番時計

Friday, 13 July 2012

TTアッセン以来となる週末最初の走行で1番時計を記録したポイントリーダーのロレンソが、最速リズム&最速ラップで昨年のミサノ以来となる初日総合1番手に進出すると、ベドロサとヘイデンが僅少さで続き、ストーナーは6番手、ロッシは9番手。エスパルガロがCRT勢の最高位12番手に進出した。

第9戦イタリアGPのフリー走行2は13日、ムジェロ・サーキットで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマーク。初日を制した。

気温26度。路面温度42度のドライコンディションの中、TTアッセン以来となるフリー走行1を制したロレンソは、7ラップ目にコースアウトを喫したが、その直後に連続15ラップを実行すると、1分48秒台を連続14回記録、合計22ラップの走行で1分48秒台を最多の19回記録。

最速ラップの1分48秒076を刻み、2010年7月の第7戦カタルーニャGP以来となる初日連続の1番手時計、昨年9月の第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リビニGP以来となる初日総合1番手に位置した。

週末最初の走行で3番手のダニ・ペドロサは、1分48秒台を8回記録して、0.031秒差の2番手に浮上。

午前のセッションで4番手発進したニッキー・ヘイデンは、1分49秒台を最多の10回、1分48秒台を1回記録して、0.081秒差の3番手。今季のベストスタートを切った。

フリー走行1で8番手のエクトル・バルベラは、9ラップ目に転倒を喫したが、1分49秒台を7回、1分48秒台を2回記録して、0.178秒差の4番手。最高峰クラスで初日のベストセッションとなれば、6番手のアンドレア・ドビツィオーソは、1分48秒台を3回記録して、0.232秒差の5番手。

フリー走行1で2番手のケーシー・ストーナーは、最多6回のコースインを繰り返して、1分48秒台を3回記録。0.451秒差の6番手に後退すると、ベン・スピース、カル・クラッチローが続いた。

フリー走行1で7番手のバレンティーノ・ロッシは、1分49秒台を9回記録して、0.946秒差の9番手。ステファン・ブラドルがトップ10入り。初日に2度の転倒を喫したアルバロ・バウティスタは、1.132秒差の11番手。

フリー走行1で13番手のアレックス・エスパルガロは、CRT勢の最高位となる1.939秒差の12番手だった。

TAGS Italy

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising