フリー走行3:J.ロレンソが最高峰クラスで初の1番時計3連発

Saturday, 14 July 2012

初日総合1番手のロレンソが、最速リズムと最速ラップで最高峰クラスに進出してから初めて3度のフリー走行を連続して制すと、ペドロサ、ストーナー、スピース、ドビツィオーソが続き、初日総合9番手のロッシは10番手。バウティスタが週末3度目の転倒を喫した。

第9戦イタリアGPのフリー走行3は14日、ムジェロ・サーキットで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温24度。路面温度32度のドライコンディションの中、初日に連続してプラクティスを制したロレンソは、1分47秒台を最多の12回記録。1分47秒584の1番時計を刻み、最高峰クラス通算76戦目で初めて3度のフルー走行を連続して制した。

初日総合2番手のダニ・ペドロサは、1分48秒台を4回、1分47秒台を2回記録して、0.095秒差の2番手。

初日総合6番手のケーシー・ストーナーは、1分48秒台を5回、1分47秒台を3回記録して、0.289秒差の3番手。

初日総合7番手のベン・スピースは、1分48秒台を6回、1分47秒台を1回記録。0.302秒差の4番手に進出すると、初日総合5番手のアンドレア・ドビツィオーソは、1分48秒台を7回記録。0.444秒差の5番手に入り、初日総合8番手のカル・クラッチローは、1分48秒台を10回記録。ニッキー・ヘイデン、エクトル・バルベラ、ステファン・ブラドルが続いた。

初日総合9番手のバレンティーノ・ロッシは、1分48秒台を8回記録して、1.156秒差の10番手。

初日総合12番手のアレックス・エスパルガロは、CRT勢の最高位となる1.650秒差の12番手。

初日に午前と午後に転倒を喫した初日総合11番手のアルバロ・バウティスタは、6ラップ目に転倒。リズムを掴めず、セッティングが進まず、1.726秒差の12番手だった。

TAGS Italy

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising