公式予選:P.エスパルガロが今季5度目のポールポジションを獲得

Moto2™ is powered by
Saturday, 13 October 2012

タイトルが決定するまで最後まで闘い続けることを誓ったフリー走行総合1番手のエスパルガロが今季5度目のトップグリッドを獲得。マルケス、ラバット、レディング、ルティが続き、中上が11番手。高橋が14番手。小山と野左根は27番手と29番手だった。

第15戦日本GPの公式予選は13日、ツインリンクもてぎで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温22度。路面温度22度のドライコンディションの中、フリー走行3でロングランを実行して最速リズムを刻んだフリー走行総合1番手のエスパルガロは、1分51秒台を11回記録した後に1分50秒886の1番時計を刻み、今季6度目のトップグリッドを獲得。

フリー走行総合2番手のマルク・マルケスは、1分51秒台を8回記録して、0.137秒差の2番手に入り、今季11度目の1列目を確保。

フリー走行総合5番手のエステベ・ラバットは、1分51秒台を9回記録して、0.270秒差の3番手。中量級で自己最高位に進出すれば、スコット・レディング、トーマス・ルティ、ヨハン・ザルコ、ブラドリー・スミス、フリアン・シモン、ニコラス・テロールが続き、2年前の勝者トニ・エリアスは10番手。

フリー走行総合11番手の中上貴晶は、1分52秒台を8回記録して、1.152秒差の11番手。フリー走行総合18番手の高橋裕紀は、1分52秒台を7回記録して、1.212秒差の14番手。

昨年の勝者アンドレア・イアンノーネは、転倒を喫して、1.467秒差の18番手。

フリー走行総合27番手の小山知良は、2.413秒差の27番手。フリー走行総合29番手の野左根航汰は、2.619秒差の29番手だった。

TAGS Japan

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising