フリー走行1:J.フォルガーが1番時計発進

Friday, 12 October 2012

サマーブレーク明けに優勝と2度の表彰台を獲得したフォルガーが最速リズムと最速ラップで週末最初のセッションをリード。コルテセ、カイルディン、ビニャーレス、ケントが続き、ワイルドカードの渡辺と亀井が21番手と24番手。藤井は25番手だった。

第15戦日本GPのフリー走行1は12日、ツインリンクもてぎで行われ、ジョナス・フォルガーがトップタイムをマークした。

気温19度。路面温度24度。昨夜の雨により、路面の一部が濡れたドライコンディションの中、ランク10位のフォルガーは、2分00秒台を5回記録。2分00秒219の1番時計を刻み、週末最初のプラクティスを制した。

ポイントリーダーのサンドロ・コルテセは、2分01秒台を5回、2分00秒台を2回記録して、0.272秒差の2番手。

ランク8位のズルファミ・カイルディンは、2分01秒台5回、2分01秒台を1回記録して、0.362秒差の3番手。

ランク3位のマーベリック・ビニャーレスは、2分01秒台を1回、2分00秒台を3回記録して、0.390秒差の4番手に入り、ダニー・ケント、ロマーノ・フェネティ、アルベルト・モンカヨが続き、前戦勝者のランク2位のルイス・サロンは8番手、ミゲール・オリベイラ、ジャック・ミラーがトップ10入り。

ワイルドカード参戦の渡辺日向と亀井雄大は、1.855秒差と2.307秒差の21番手、24番手。

グランプリフル参戦ライダーとして初めてホームレースを迎える藤井謙汰は、2.321秒差の25番手だった。

TAGS Japan

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising