フリー走行3:S.コルテセが連続の1番時計

Saturday, 13 October 2012

フリー走行2を制して初日総合1番手のコルテセが最速ラップを刻み、3度のフリー走行を制すと、ケント、カイルディン、リンスが続き、ビニャーレスが5番手。日本勢では渡辺が22番手。亀井と藤井は29番手と30番手だった。

第15戦日本GPのフリー走行3は13日、ツインリンクもてぎで行われ、サンドロ・コルテセがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温21度。路面温度22度のドライコンディションの中、フリー走行2を制して初日総合1番手のコルテセは、1分59秒台を4回、1分58秒台を2回記録。1分58秒739の1番時計を刻み、ポジションをキープした。

初日総合9番手のダニー・ケントは、1分59秒台を4回、1分58秒台を1回記録して、0.214秒差の2番手に浮上すれば、初日総合3番手のズルファミ・カイルディンは、1分59秒台を2回記録して、0.529秒差の3番手を維持。

初日総合11番手のアレックス・リンスは、1分59秒台を3回記録して、新人勢の最高位となる0.598秒差の4番手。

初日総合2番手のマーベリック・ビニャーレスは、1分59秒台を5回記録して、0.604秒差の5番手。フリー走行1を制した初日総合7番手のジョナス・フォルガー、ルイス・サロン、ルイス・ロッシ、エフレン・バスケス、アレッサンドロ・トヌッチがトップ10入り。

初日総合4番手のロマーノ・フェナティは、転倒が影響して、13番手に後退。

日本勢では、初日総合19番手の渡辺日向が、1.709秒差の22番手。初日総合25番手の亀井雄大は、2.443秒差の28番手。初日総合18番手の藤井謙汰は、2.445秒差の29番手だった。

TAGS Japan

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising