フリー走行3:D.ペドロサが予選前に連続の1番時計

Saturday, 13 October 2012

フリー走行2を制して初日総合1番手ペドロサが連続の最速ラップをマーク。ロレンソ、スピース、ドビツィオーソ、バウティスタが続き、ストーナーがコンマ6秒差の7番手。ロッシがコンマ8秒差の8番手。中須賀は1.9秒差の13番手だった。

第15戦日本GPのフリー走行3は13日、ツインリンクもてぎで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温20度。路面温度22度のドライコンディションの中、フリー走行2を制して初日総合1番手のペドロサは、1分46秒台を6回、1分45秒台を2回記録。1分45秒792の1番時計を刻み、プラクティスを連続して制した。

フリー走行1を制して初日総合2番手のホルヘ・ロレンソは、1分46秒台を最多の14回記録して、0.265秒差の2番手を維持。

初日総合6番手のベン・スピースは、1分46秒台を6回記録して、0.346秒差の3番手に浮上すると、今季のベストとなる初日総合3番手に進出したアンドレア・ドビツィオーソは、1分46秒台を8回記録して、0.428秒差の4番手。アルバロ・バウティスタ、カル・クラッチローが続いた。

初日総合7番手のケーシー・ストーナーは、1分46秒台を6回記録して、0.688秒差の7番手。

今季のベストスタートとなった初日総合5番手のバレンティーノ・ロッシは、1分47秒台を12回、1分46秒台を1回記録して、0.849秒差の8番手。ステファン・ブラドル、ニッキー・ヘイデンがトップ10入り。

CRT勢では、アレックス・エスパルガロが1.893秒差の11番手に進出。

初日総合11番手の中須賀克行は、1分47秒台を6回記録して、1.945秒差の13番手だった。

TAGS Japan

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising