フリー走行1:D.ペドロサが今季4度目の1番時計発進

Friday, 19 October 2012

ランク2位のペドロサは、逆転タイトル獲得に向け、ザクセンリンク、ラグナセカ、ブルノに続き、今季4度目の1番時計発進。復帰2戦目のストーナーが2番手に進出すれば、ポイントリーダーのロレンソは、コンマ3秒差の3番手。ドビツィーソ、クラッチローが続き、ロッシは1.6秒差の11番手。CRT勢では、ド・プニエが3.4秒差の13番手に進出した。

第16戦マレーシアGPのフリー走行1は19日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマークした。

気温30度。路面温度40度のドライコンディションの中、ランク2位のペドロサは、2分02秒台を5回、2分01秒台を最多の3回記録。今季4度目となる週末最初のセッションを制した。

ランク3位のケーシー・ストーナーは、2分02秒台を5回、2分01秒台を1回記録して、0.152秒差の2番手に進出。

ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソは、2分02秒台を5回、2分01秒台を2回記録して、0.313秒差の3番手。

ランク4位のアンドレア・ドビツィオーソは、2分02秒台を8回記録して、0.615秒差の4番手に入ると、ランク5位のカル・クラッチロー、ベン・スピース、ステファン・ブラドル、ニッキー・ヘイデン、アルバロ・バウティスタ、エクトル・バルベラがトップ10入り。

ランク6位のバレンティーノ・ロッシは、コースアウトを喫したが、最多の18ラップを周回。2分03秒台を8回記録して、1.653秒差の11番手。

CRT勢では、ランク13位のランディ・ド・プニエが、2分05秒台を8回記録して、3.408秒差の13番手だった。

TAGS Malaysia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising