フリー走行2:シルバが1番時計もペドロサが初日総合1番手

Friday, 19 October 2012

フリー走行1を制したペドロサをはじめ、ストーナー、ロレンソ、ドビツィオーソ、クラッチローらは、ウェットからドライに変化するトラックコンディションでの走行を見送れば、最多周回数を重ねたシルバが1番時計を記録した。

第16戦マレーシアGPのフリー走行2は19日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、イバン・シルバがトップタイムをマーク。ダニ・ペドロサが初日総合1番手に立った。

気温27度。路面温度33度。Moto3クラスのセション終盤に雨が降ったことからウェットコンディションで始まった中、フリー走行1を制したダニ・ペドロサ、ケーシー・ストーナー、アンドレア・ドビツィオーソの3人は、1ラップをクリアーせずにピットボックスに戻れば、ホルヘ・ロレンソ、ベン・スピース、カル・クラッチロー、ダニロ・ペトルッチの4人は、2ラップで終了。

フリー走行1で20番手だったシルバは、3度のコースインで最多の14ラップを周回。2分10秒602で、第2戦スペインGPのフリー走行1以来、今季2度目の1番時計を刻んだ。

週末最初のセッションで16番手だったミケーレ・ピロは、1.441秒差の2番手。ランディ・ド・プニエ、ロベルト・ロルフォ、カレル・アブラハム、アルバロ・バウティスタ、バレンティーノ・ロッシ、アレックス・エスパルガロ、ニッキー・ヘイデン、ジェームス・エリソンがトップ10入り。

ステファン・ブラドル、エクトル・バルベラ、コーリン・エドワーズは、4ラップを走行した。

TAGS Malaysia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising