フリー走行3:J.フォルガーが1番時計を3連発

Saturday, 20 October 2012

初日総合1番手のフォルガーが、ムジェロでハットトリックを達成したビニャーレス以来となる1番時計3連発でフリー走行をリード。新人王争いを展開するリンスがセパン初挑戦組で最高位の2番手に進出。オリベイラ、コルテセ、サロンが続き、初日総合29番手の藤井は28番手だった。

第16戦マレーシアGPのフリー走行3は20日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ジョナス・フォルガーがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温25度。路面温度30度のドライコンディションの中、初日に2度のセッションを制した総合1番手のフォルガーは、2分14秒台を3回、2分13秒台を1回記録。2分13秒953の1番時計を刻んだ。

初日総合10番手のアレックス・リンスは、2分15秒台を2回、2分14秒台を1回記録して、当地初挑戦組で最高位となる0.676秒差の2番手に浮上。

初日総合4番手のミゲール・オリベイラは、2分15秒台を3回記録して、1.058秒差の3番手に進出。

フリー走行2で4番手から2番手に浮上したサンドロ・コルテセは、2分15秒台を4回記録して、1.104秒差の4番手に入り、初日総合9番手のルイス・サロンは、2分15秒台を5回記録して、1.138秒差の5番手。

初日2番手と14番手だったヤコブ・コーンフェールは6番手。ルイス・ロッシ、ニコッロ・アントネッリ、エフレン・バスケス、ロマーノ・フェナティが続き、前戦勝者のダニー・ケントは、1.771秒差の11番手。

週末最初のセッションから3番手に連続して進出したズルファミ・カイルディンは、転倒を喫して、1.900秒差の13番手に後退。

初日総合29番手の藤井謙汰は、4.425秒差の28番手だった。

TAGS Malaysia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising