公式予選:P.エスパルガロが2戦連続6度目のトップグリッドを獲得

Moto2™ is powered by
Saturday, 20 October 2012

タイトル獲得の可能性が残る限り最後まで諦めないことを誓ったランク2位のエスパルガロが2戦連続のポールポジションを獲得すれば、ポイントリーダーのマルケスは、レディングに続く3番手。フリー走行3を制した中上が4番手に入り、小山と高橋は21番手と23番手だった。

第16戦マレーシアGPの公式予選は20日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温31度。路面温度40度のドライコンディションの中、フリー走行1を制した総合1番手のエスパルガロは、2分07秒台を5回、2分06秒台を1回記録して、2分06秒962の1番時計を刻み、2戦連続6度目のトップグリッドを獲得。

フリー走行総合4番手のスコット・レディングは、2分07秒台を6回記録して、0.437秒差の2番手に入り、今季のベストグリッドを獲得。

フリー走行3でウェットコンディションでの走行を見送った総合7番手のマルク・マルケスは、2分07秒台を最多の8回記録して、0.604秒差の3番手に入り、今季12度目の1列目を確保。

フリー走行3を制した総合2番手の中上貴晶は、2分07秒台を2回記録して、0.655秒差の4番手。今季4度目のシングルグリッドを獲得すれば、ヨハン・ザルコ、ブラドリー・スミス、エステベ・ラバット、トーマス・ルティ、アレックス・デ・アンジェリス、ドミニク・エジャーターがトップ10入り。

フリー走行総合28番手の小山知良は、1.944秒差の21番手。フリー走行総合21番手の高橋裕紀は、2.091秒差の23番手だった。

TAGS Malaysia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising