決勝レース:S.コルテセが優勝で初代王者に輝く

Sunday, 21 October 2012

ポイントリーダーのコルテセが、3番グリッドから3人による優勝争いを最終ラップで逆転。今季4勝目でMoto3クラスの初代王者に輝き、ポールポジションのカイルディンがホームレースで自己最高位の2位。マレーシア史上初の表彰台を獲得すると、2番グリッドフォルガーが3位に入り、28番グリッドの藤井は27位だった。

第16戦マレーシアGPの決勝レースは21日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、サンドロ・コルテセが優勝を飾り、Moto3クラスの初代チャンピオンに輝いた。

気温32度。路面温度48度のドライコンディションの中、3番グリッドのサンドロ・コルテセは、3人による優勝争いを展開。最終ラップの最終コーナーで逆転して、今季4勝目を達成、13度目の表彰台を獲得した。

ウォームアップ走行を制したポールポジションのズルファミ・カイルディンは、ラスト6ラップにトップに立つと、最後にポジションを譲ったが、自己最高位の2位に進出。マレーシア史上初の表彰台を獲得した。

2番グリッドのジョナス・フォルガーは、オープニングラップを制して、レースをリードすると、3位に入って今季4度目の表彰台を獲得。

前戦日本GPのペナルティにより10番グリッドに降格したルイス・サロンは、5番グリッドからスタートした公式予選6番手のミゲール・オリベイラとの4位争いを制して4位。ダニー・ケント、アレックス・リンス、エフレン・バスケス、ニクラス・アジョ、アドリアン・マルティンがトップ10入り。

28番グリッドの藤井謙汰は、27位でチェッカーを受けた。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのコルテセが、ランク2位に再浮上したサロンに73ポイント差のアドバンテージを広げ、タイトル争いに決着をつけた。

次戦オーストラリアGPは、フィリップアイランドで26日に開幕。28日に決勝レースが行われる。

TAGS Malaysia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising