第13戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGP:Moto2™クラスプレビュー

Moto2™ is powered by
Monday, 10 September 2012

後半戦2連勝で約2勝に値するポイント差を広げたポイントリーダーのマルケスに、タイトル獲得の可能性を伸ばしたいエスパルガロ、ルティ、イアンノーネが挑戦。背水の陣を迎えた高橋は、今季の初ポイントだけでなく、存在感のアピールが要求される。

第13戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPは14日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリで開幕。16日に決勝レースを迎え、マルク・マルケスがポイントリーダーとして登場する。

前戦で上位4人による優勝争いに競り勝ち、サマーブレーク後に2連勝、今季6勝目を飾ったマルケスは、2010年に125ccクラスで優勝、2011年に僅少さで競り勝ったトラックで、アドバンテージを広げに行く。

48ポイント差のランク2位、ポル・エスパルガロ、59ポイント差のランク3位、トーマス・ルティ、64ポイント差のランク4位、アンドレア・イアンノーネにとって、タイトル獲得の可能性を残すためには、マルケスの前でフィニッシュすることが絶対的な条件。初日からリズムを掴み、プレッシャーを掛けたいところ。

2戦連続してポイントを逃した中上貴晶は、125ccクラス時代に19位と20位だった当地で3戦ぶり6度目のポイント圏内進出を目指せば、高橋裕紀は、11日にプライベートテストを実施して、チームのホームレースで初ポイントを狙う。

前戦後、CRTマシンをテストする機会に恵まれたマイク・ディ・メッリオは、右手中手を骨折したマックス・ノイキルヒナーの負傷代役として、チャンピオンチームからの参戦が予定されている。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising