フリー走行3:J.フォルガーが快走の1番時計

Saturday, 15 September 2012

初日5番手と3番手に進出したフォルガーが快走の1番時計。初日総合8番手のコルテセがコンマ5秒差の2番手に浮上すれば、オリベイラ、カイルディン、ケントが続き、初日総合2番手のビニャーレスは、1.5秒差の10番手。初日総合33番手の藤井は4.2秒差の31番手だった。

第13戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行3は15日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリで行われ、ジョナス・フォルガーがトップタイムをマーク。ロマーノ・フェナティが初日のラップタイムで3度のプラクティスを制した。

気温17度。路面温度18度。前日の雨によるウェットコンディションの中、初日総合3番手に進出したフォルガーは、連続21ラップを実行。路面が乾き始めたセッション終盤には、1分54秒台を5回記録して、1分54秒331の1番時計を刻んだ。

初日総合8番手のサンドロ・コルテセは、3度のコースインで16ラップを周回。1分55秒台を1回、1分54秒台を1回記録して、0.530秒差の2番手に浮上。

初日総合13番手のミゲール・オリベイラは、1分55秒台を5回記録。0.669秒差の3番手に入ると、フリー走行1で初の1番時計を記録した初日総合10番手のズルファミ・カイルディンは、1分55秒台を1回記録。0.695秒差の4番手に入り、ダニー・ケント、エフレン・バスケス、アレックス・リンス、ケビン・カリア、アーサー・シシスが続いた。

フリー走行2で6番手から2番手に進出して初日総合2番手のマーベリック・ビニャーレスは、1分56秒台を6回、1分55秒台を1回記録して、1.555秒差の10番手。

フリー走行2を制して初日総合1番手のフェナティは、2.402秒差の17番手だったが、初日のラップタイムで総合1番手。

初日32番手と33番手で総合33番手だった藤井謙汰は、3度のコースインで17ラップを周回して、4.298秒差の31番手。

フリー走行1で転倒を喫して左手首を骨折したアドリアン・マルティンは、4ラップを周回して、最下位の35番手だった。

TAGS San Marino

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising