フリー走行3:A.バウティスタが予選前に1番時計

Saturday, 15 September 2012

ウェットからドライに路面が変化して行く中で、バウティスタがシルバーストーン以来となる最速ラップをマーク。ロッシが1秒差の2番手に進出すれば、初日走行を見送ったロレンソ、ペドロサ、ドビツィオーソが続き、初日総合1番手のアブラハムは14番手だったが、総合1番手を維持した。

第13戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行3は15日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリで行われ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマーク。カレル・アブラハムが初日のラップタイムで3度のフリー走行を制した。

気温18度。路面温度20度。前日の雨によるウェットコンディションから乾いて行く中、アルバロ・バウティスタは、終盤に1分42秒台を2連発。1分42秒393の1番時計を記録して、第6戦イギリスGPでポールポジションを獲得して以来セッションを制した。

バレンティーノ・ロッシは、3度のコースインで最多の17ラップを周回。1分43秒台を1回記録して、1.059秒差の2番手に進出。

初日走行を見送ったホルヘ・ロレンソとダニ・ペドロサは、3.029秒差の3番手と3.727秒差の4番手。アンドレア・ドビツィオーソ、ダニロ・ペトルッチ、ステファン・ブラドル、ミケーレ・ピロ、アレックス・エスパルガロ、ニッキー・ヘイデンがトップ10入り。

フリー走行2で初めて1番時計を記録した初日総合1番手のアブラハムは、6.158秒差の14番手だったが、初日のラップタムで総合1番手を維持した。

初日総合3番手のジェームス・エリソンは、マシントラブルにより、1ラップを走り切らずにセッションを終了した。

TAGS San Marino

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising