第14戦アラゴンGP:Moto2™クラスプレビュー

Moto2™ is powered by
Monday, 24 September 2012

後半戦3連勝を達成した地元出身のマルケスにエスパルガロが挑戦。イアンノーネとルティは自己最高位を目指して、エスパルガロに挑戦すれば、中上、高橋、小山の日本勢は、次戦のホームレースにつながる走りを見せに行く。

第14戦アラゴンGPは28日、モーターランド・アラゴンで開幕。30日に決勝レースを迎え、アレックス・マルケスがポイントリーダーとして登場する。

後半戦に入って、3連勝を達成して、今季7勝目を挙げたマルケスは、昨年ポールポジションからシーズン7勝目を挙げたホームトラックに、2レース分のアドバンテージを持って乗り込む。

53ポイント差のランク2位、ポル・エスパルガロは、3戦連続して表彰台を獲得したが、ポイントリーダーとのギャップが拡大。タイトル争いにおいて厳しい状況に追い込まれたが、昨年14位、2年前に125ccクラスで優勝を飾ったホームレースで、最低でもライバルの前でフィニッシュして、可能性を残したいところ。

73ポイント差のランク3位、アンドレア・イアンノーネは、タイトル獲得から引き離されたが、来季の最高峰クラス進出前に、2年連続ランク3位を上回る自己最高位を目指し、昨年2位、2年前に独走優勝を飾った左回りトラックに挑戦する。

77ポイント差のランク4位、トーマス・ルティは、昨年のランク5位、2年前のランク4位を上回るため、昨年7位、2年前に10位だった当地で上位進出を狙う。

クラスで唯一全戦でポイントを連取したランク6位のミカ・カリオは、ランク5位のスコット・レディングに5ポイント差に接近。第4戦フランスGP前にプライベートテストを実施した舞台で上位進出を目指す。

契約更新を発表したランク19位のニコラス・テロールは、イアンノーネ、カリオ、ブラドリー・スミス、ドミニケ・エジャーターと共に、開幕から全戦で完走。昨年の125ccクラスで独走優勝、2年前には100分の5秒差で2位だったトラックで初のシングルフィニッシュに挑戦。

ランク15位中上貴晶にとっては、初めてのトラック。コース攻略がカギとなれば、前戦で復調の兆しを見せた高橋裕紀は、ホームレース前に結果を出したいところ。

グランプリ復帰2戦となる小山知良は、昨年も負傷代役として当グランプリに参戦。スペイン選手権の参戦を活かして、存在感のアピールしに行く。

TAGS Aragon

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising