公式予選:J.ロレンソが開幕から2戦連続のポールポジションを奪取

motogp qp report
Saturday, 28 April 2012

フリー走行3で2番手だったロレンソが、ホームレース3連勝に向けて2戦連続のポールポジションを獲得。ペドロサ、ヘイデンが1列目を確保すると、クラッチロー、ストーナー、スピースが2列目。ド・プニエがCRT勢最高位と10番手に進出。ロッシは3.4秒差の13番手だった。

第2戦スペインGPの公式予選は28日、ヘレス・サーキットで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温16度。路面温度21度。トラックの一部が濡れたドライコンディションの中、フリー走行3で2番手のロレンソは、1分40秒台を4回記録した後に1分39秒台を2回記録。1分39秒739の1番時計を刻み、開幕から2戦連続のトップグリップを獲得した。

フリー走行2から連続してセッションを制したダニ・ペドロサは、1分40秒台を最多の6回、1分39秒台を1回記録して、0.135秒差の2番手。

フリー走行3で4番手のニッキー・ヘイデンは、1分40秒台を1回記録して、1.031秒差の3番手。2010年10月の第17戦ポルトガルGP(2番グリッド)以来、21戦ぶりに1列目に進出した。

フリー走行3で5番手のカル・クラッチローは、3番手に位置していたラスト18分に転倒を喫したが、最後のコースインで1分40秒台を2回記録して、1.038秒差の4番手。

フリー走行3で3番手だったオフィシャルテスト総合1番手(1分38秒780)のケーシー・ストーナーは、1分40秒台を2回記録。1.045秒差の5番手に入れば、ベン・スピース、アンドレア・ドビツィオーソ、アルバロ・バウティスタ、ステファン・ブラドルが1分41秒台を記録した。

フリー走行3で10番手だったランディ・ド・プニエは、1分41秒台を3回記録。ドゥカティの3台を上回る2.168秒差の10番手を維持。

フリー走行3で6番手のバレンティーノ・ロッシは、最終ラップに1分42秒台に乗せて、3.429秒差の13番手。

開幕戦でCRT勢の最高位13番グリッドから12位に進出していたコーリン・エドワーズは、6.668秒差の最下位21番手だった。

TAGS Spain

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising