ウォームアップ走行:P.エスパルガロが週末4度目の1番時計

Moto2™ is powered by
Saturday, 30 June 2012

2番グリッドからスタートするランク2位のエスパルガロが、週末4度目の最速ラップを刻めば、ポールポジションを獲得したポイントリーダーのマルケスが僅少さで続き、決勝レース前にライバルたちを大きく引き離すリズムで周回を重ねた。

第7戦TTアッセンのウォームアップ走行は30日、TT・サーキット・アッセンで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマークした。

気温20度。路面温度23度のドライコンディションの中、3度のフリー走行を連続して制した2番グリッドのエスパルガロは、1分38秒台を最多の8回、1分37秒台を1回記録。1分37秒945の1番時計を刻み、週末4度目のセッションを制した。

ポールポジションのマルク・マルケスは、1分38秒台を4回、1分37秒台を1回記録して、0.026秒差の2番手に進出。

10番グリッドのトーマス・ルティは、1分38秒台を3回記録。0.777秒差の3番手に浮上すれば、6番グリッドのシモーネ・コルシは、1分38秒台を1回記録。0.982秒差の4番手に入り、ブラドリー・スミス、クラウディオ・コルティ、アレックス・デ・アンジェリス、アンドレア・イアンノーネ、ヨハン・ザルコ、チャビエル・シメオンがトップ10入り。

14番グリッドの中上貴晶は、1.400秒差の11番手。29番グリドの高橋裕紀は、2.076秒差の26番手だった。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising