公式予選:S.コルテセが今季3度目のポールポジションを奪取

Friday, 29 June 2012

フリー走行総合11番手のコルテセが最速ラップを刻み、エストリル以来今季3度目のトップグリップを獲得。ケントが2番手に入り、キャリア初の1列目を確保すれば、アントネッリが初めてのTTアッセンで3番手に進出。フリー走行総合1番手のビニャーレスは単独走行で5番手。フリー走行総合34番手の藤井は、35人中34番手だった。

第7戦TTアッセンの公式予選は29日、TT・サーキット・アッセンで行われ、サンドロ・コルテセがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温21度。路面温度28度のドライコンディションの中、フリー走行総合11番手のコルテセは、1分44秒台を2回、1分43秒台を1回記録。1分43秒645の1番時計を刻み、第3戦ポルトガルGP以来今季3度目のトップグリッドを獲得。

フリー走行3を制したフリー走行総合2番手のダニー・ケントは、1分44秒台を5回、1分43秒台を1回記録。0.249秒差の2番手に入り、フル参戦2年目で初の1列目に進出。

フリー走行総合4番手のニッコロ・アントネッリは、1分44秒台を4回、1分43秒台を1回記録。0.343秒差の3番手に入り、初挑戦のトラックで1列目を獲得した。

フリー走行総合13番手のエクトル・ファウベルは、スリップを利用して、0.429秒差の4番手。今季のベストグリッドを獲得すれば、フリー走行総合8番手のニクラス・アジョが、自己最高位タイとなる5番手に進出。

フリー走行2のタイムでフリー走行総合トップに立ったマーベリック・ビニャーレスは、単独走行で1分44秒台を最多の9回記録。0.533秒差の5番手に入り、アレックス・マスボー、ミゲール・オリベイラ、ヤコブ・コーンフェール、ルイス・サロンがトップ10入り。

午前中のセッションで3番手に浮上して総合3番手に入ったアレックス・リンスは16番手。

フリー走行総合34番手の藤井謙汰は、3.774秒差の34番手だった。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising