公式予選:C.ストーナーが今季3度目のポールポジションを奪取

netherlands assen qp motogp stoner
Friday, 29 June 2012

フリー走行3で転倒を喫して、フリー走行総合7番手に後退していたストーナーだったが、最速ラップを刻み、今季3度目のトップグリッドを獲得。午前のセッションを制して総合1番手に躍り出たペドロサは2番手。総合2番手のロレンソは3番手。総合11番手のブラドルが今季最高位となる4番手に進出。初日を制したスピースは6番手。ロッシは1.3秒差の10番手。ド・プニエがCRT勢の最高位となる12番手に入った。

第7戦TTアッセンの公式予選は29日、TT・サーキット・アッセンで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温21度。路面温度28度のドライコンディションの中で始まったが、午前中の走行を再現するように、セッション開始から15分後に雨が降り始めたが、トラックコンディションが回復するとタイムバトルを展開され、午前中のセッションで転倒を喫したフリー走行総合7番手のストーナーが、4度目最後のコースインで1分33秒713の1番時計を刻み、第5戦カタルーニャGP以来今季3度目のトップグリッドを獲得。予選最速を決定するBMW・M・アワードの首位を維持した。

フリー走行3を制して総合トップに躍り出たダニ・ペドロサは、1分34秒台を7回記録した後、1分33秒台に進出。0.115秒差の2番手に入り、3戦ぶりに1列目を確保。

フリー走行1を制した総合2番手のホルヘ・ロレンソは、1分34秒台を最多の11回記録して、0.288秒差の3番手。

フリー走行総合11番手のステファン・ブラドルは、1分34秒台を4回記録。0.322秒差で自己最高位となる4番手に進出すると、総合5番手のカル・クラッチローとフリー走行2を制した総合4番手のベン・スピースは、1分34秒台を2回記録して、5番手と6番手。アンドレア・ドビツィオーソは7番手。

フリー走行総合3番手に進出したアルバロ・バウティスタは、1分34秒台を2回記録した後に転倒を喫して、1.009秒差の7番手に後退。

初日の好発進したニッキー・ヘイデンとバレンティーノ・ロッシは、1.038秒差の9番手と1.344秒差の10番手。

フリー走行総合13番手のランディ・ド・プニエは、2.117秒差でCRT勢の最高位となる12番手に進出した。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising