NGM・モバイル・フォワード・レーシングが2013年プロジェクトを発表

Thursday, 13 September 2012

昨年に続き、フォワード・レーシングが、CRT勢の中で1番に来年のプロジェクトをホームレースのミサノで発表。CRTに2人目の起用を希望し、2014年にはデ・アンジェリスを昇格させる計画を明かした。

NGM・モバイル・フォワード・レーシングは、第13戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPの前日となる13日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリのパドック内に設置したチームのホスピタリティで、プレスカンファレンスを行い、2013年プロジェクトを発表。MotoGPクラスにコーリン・エドワーズ、Moto2クラスにアレックス・デ・アンジェリスを起用する。

昨年の同大会で、CRTとして最高峰クラスに初挑戦することを発表した同チームの代表ジオバンニ・クサリは、「コーリン、アレックスとのコラボレーションの延長を発表できることが嬉しいです。我々のプロジェクトを継続する最適な手段です」と、2013年の計画を説明。

「コーリンとシューターと共に、現状のバイクで継続することを決断しました。先週ミラノでBMWと重要なミーティングがありました。必要なことは分かっています。シューターとBMWは、高いポテンシャルを我々に与えるために働きます。シーズン末まではこのパッケージで走ります。その後のことは状況を確認しましょう」と、シューター&BMWのパッケージを継続することを明かした。

来年もCRTで参戦することが決定したエドワーズは、「今年は問題がありましたが、グレートなチーム、グッドなパッケージを持ち、ここにいることは喜びです。現状のパッケージでグッドなことがしたいです。その後、来年に何ができるか見てみよう。2012年末にベストなオプションを検証しよう」と、シーズン中に変更がないことを強調。

Moto2クラスに関して、クサリは、「アレックスともう1年参戦します。2014年には、もしかしたら、新しいレギュレーションとなるMotoGPクラスで一緒に仕事がしたいです。もちろん、もう1人のライダーを起用したいです」と、2人体制を継続する可能性を示した。

「2013年にCRTで2人目のライダーを起用するために、ドルナとIRTAからのゴーサインを待っています。我々には2人体制で参戦するキャパシティがあり、我々にとっては喜びです」と、2人目を起用する希望を明かした。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising