ウォームアップ走行:C.ストーナーがポールタイムを更新

Sunday, 6 May 2012

ポールポジションのストーナーが公式予選のタイムを3度突破。週末3度目の1番時計を記録すれば、ペドロサがコンマ7秒差の2番手。ドビツィーソ、ロレンソ、クラッチローが続き、ロッシは1.5秒差の9番手。公式予選で転倒したド・プニエはCRT勢の最高位の13番手だった。

第3戦ポルトガルGPのウォームアップ走行は6日、エストリル・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温15度。路面温度18度のドライコンディションの中、ポールポジションのストーナーが、1分37秒台を4回記録した後に、1分36秒台を2回記録。公式予選の1分37秒188を上回る1分36秒795の1番時計を刻んだ。

2番グリッドのダニ・ペドロサは、1分37秒台を2回記録。0.798秒差の2番手を維持すれば、7番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、1分37秒台を3回記録。0.863秒差の3番手に浮上した。

4番グリッドのホルヘ・ロレンソは、1分37秒台を3回記録。0.891秒差の4番手を維持すれば、3番グリッドのカル・クラッチローと5番グリッドのベン・スピースも1分37秒台に乗せ、アルバロ・バウティスタ、ニッキー・ヘイデンが続いた。

9番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、1分38秒台を3回記録して、1.534秒差の9番手。ステファン・ブラドルがトップ10入り。

公式予選でハードクラッシュを喫した14番グリッドのランディ・ド・プニエは、2.740秒差で13番手に入り、CRT勢の最高位に進出。

ラスト7分に、イバン・シルバが転倒したことから赤旗が振られたが、メディカルセンターで診断を受けた結果、決勝レースへの参戦が許可された。

TAGS Portugal

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising