レプソル・ホンダ、3年連続の優勝に挑戦

Tuesday, 14 August 2012

ショートバカンスを楽しんだレプソル・ホンダの両雄はインディアナポリスに挑戦。ペドロサは2010年に優勝、昨年は2位に進出すれば、ストーナーは、昨年ポール・トゥ・フィニッシュを達成していた。

レプソル・ホンダは、前戦アメリカGPで通算300回目の表彰台を獲得。2週間の夏休みを経て、昨年1・2フィニッシュを決めたインディアナポリス・モーター・スピードウェイに挑戦する。

23ポイント差のランク2位、ダニ・ペドロサは、前半戦で10戦連続してトップ4に進出。1勝を含む9度の表彰台を獲得して、2009年にポールポジションからトップ走行中に転倒を喫したが、2010年に優勝、昨年は2位に進出したトラックで、ポイントリーダーとのギャップを詰めに行く。

「良い夏休みを過ごした。少し休み、友人たちと楽しみ、トレーニングに戻る時間があった。この時期のインディアナポリスは暑いから、体調がカギとなる。トラックを走ることが楽しみで、過去にはグッドなリザルトを獲得した。レースが楽しみ。前半戦で示したような安定したリザルトを維持して、優勝争いがしたい」と、意気込みを語った。

32ポイント差のランク3位、ケーシー・ストーナーは、前半戦で4勝を含む7度の表彰台を獲得。昨年ポール・トゥ・フィニッシュを決めた左回りトラックで、快走の優勝を飾った前戦の勢いを持ち込みたいところ。

「ラグナセカのグレートな勝利の後、アメリカで良い夏休みを過ごした。インディに対して、歴史的なトラックではなく、インフィールドを走るから、僕はビックなファンでない。平坦でタイトなトラックで、2つほど楽しいコーナーがあるけど、難しい。歴史的なサーキットを訪れるのはナイスだけど、そのトラックを本当に楽しめないのは残念。昨年は勝ったけど、今年は実際に走るまで、RC213Vが機能するか分からない」と、慎重な姿勢を見せた。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising