V.ロッシ、右脚を手術

Monday, 6 February 2012

今年初テストを終えたばかりのロッシが、キャリア最大の負傷となった右脚骨折の際に埋めていたピンを除去する手術を受け、無事に成功した。数日後からリハビリを始め、2月末のテストには参加する。

ドゥカティ・チームは6日、バレンティーノ・ロッシがイタリア・カットリーカの病院で右脚を手術したことを発表。2月下旬のオフィシャルテストには予定通りに参加する。

今回の手術は、2010年6月の第4戦イタリアGPの転倒で、右脚の脛骨とひ骨を骨折した際に、骨折箇所を固定するために使用していたピンを除去する目的で、医師団は手術が成功したことを語った。

ロッシは、リハビリを始めるまでに、4、5日の安静が必要で、2月28日からセパン・インターナショナル・サーキットで予定している2度目のオフィシャルテストには参加する。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising