フリー走行1:A.イアンノーネがレインで1番時計

Moto2™ is powered by
Friday, 28 September 2012

2年前に優勝、昨年2位を獲得したイアンノーネが雨の中で1番時計を記録。レイ、ルティ、デ・アンジェリス、ザルコが続き、ポイントリーダーのマルケスは7番手。ランク2位のエスパルガロは17番手。日本勢では、小山が16番手発進。高橋と中上は23番手と27番手だった。

第14戦アラゴンGPのフリー走行1は28日、モーターランド・アラゴンで行われ、アンドレア・イアンノーネがトップタイムをマークした。

気温15度。路面温度11度のレインコンディションの中、ランク3位のイアンンーネは、2分09秒台を2回、2分07秒台を1回記録。2分07秒981の1番時計を刻み、週末最初のセッションを制した。

ランク27位のジノ・レイは、2分09秒台を1回、2分08秒台を2回記録して、0.411秒差の2番手に進出すると、ランク4位のトーマス・ルティは、2分09秒台を2回、2分08秒台を1回記録して、0.770秒差の3番手。アレックス・デ・アンジェリス、ヨハン・ザルコ、フリアン・シモンが続いた。

ポイントリーダーのマルク・マルケスは、2分09秒台を最多の4回記録して、1.344秒差の7番手。チャビエル・シメオン、アンソニー・ウエスト、クラウディオ・コルティがトップ10入り。

ランク2位のポル・エスパルガロは、連続18ラップを実行して、2.650秒差の17番手。

日本勢では、バルセロナ郊外のアルカラス・サーキットでプライベートテストを実施した小山知良が、2.443秒差の16番手に入り、高橋裕紀は5.063秒差の23番手、中上貴晶は6.436秒差の27番手だった。

TAGS Aragon

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising