フリー走行2:J.ザルコが再びレインで快走の1番時計

Moto2™ is powered by
spain aragon moto2 fp2 zarco
Friday, 28 September 2012

雨のヘレスで3度の1番時計を記録したザルコが、フリー走行1の5番手から1番手に浮上。デ・アンジェリス、ルティ、レイ、コルティが続き、転倒を喫したマルケスは13番手。小山は18番手。高橋と中上は22番手と28番手だった。

第14戦アラゴンGPのフリー走行2は28日、モーターランド・アラゴンで行われ、ヨハン・ザルコがトップタイムをマークして初日を制した。

気温16度。路面温度16度のレインコンディションの中、フリー走行1で5番手だったザルコは、2分08秒台を5回、2分07秒台を1回記録。2分07秒844の1番時計を刻み、第2戦スペインGPのウォームアップ走行以来今季4度目のセッションを制した。

週末最初のプラクティスで4番手だったアレックス・デ・アンジェリスは、2分08秒3回記録して、0.290秒差の2番手。

午前のプラクティスで3番手のトーマス・ルティは、2分08秒5回記録して、0.346秒差の3番手を維持。ジノ・レイ、クラウディオ・コルティが続いた。

フリー走行1を制したアンドレア・イアンノーネは、0.777秒差の6番手に後退。午前のラップタイムで初日総合2番手に進出すれば、フリアン・シモン、チャビエル・シメオン、アンソニー・ウエスト、マンセル・シュレッターがトップ10入り。

フリー走行1で17番手だったポル・エスパルガロは、連続21ラップを周回して、1.569秒差の11番手。 フリー走行1で7番手だったマルク・マルケスは、転倒を喫したが、2度のコースインで13ラップを周回して、1.617秒差の13番手。

事前テストを実施して2戦目に挑戦する小山知良は、1.807秒差の18番手。高橋裕紀は、3.106秒差の22番手。中上貴晶は、5.785秒差の28番手だった。

TAGS Aragon

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising