フリー走行3:J.ザルコが今季5度目の1番時計

Moto2™ is powered by
Saturday, 29 September 2012

フリー走行2を制して初日総合1番手だったザルコが、ハーフウェットのコンディションの中で今季5度目の1番時計。総合1番手を維持すると、デ・アンジェリス、ウエスト、シモン、レイが続き、エスパルガロは7番手、マルケスは9番手。小山は11番手に進出。中上と高橋は、14番手と18番手だった。

第14戦アラゴンGPのフリー走行3は29日、モーターランド・アラゴンで行われ、ヨハン・ザルコがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温15度。路面温度16度ウェットからドライに路面コンディションが回復する中、フリー走行2を制して初日総合1番手だったザルコは、2分07秒台を2回、2分06秒台を2回記録。2分06秒345の1番時計を刻んだ。

初日総合3番手のアレックス・デ・アンジェリスは、2分07秒台を2回、2分06秒台を1回記録して、0.139秒差の2番手に浮上。初日総合9番手のアンソニー・ウエストは、2分07秒台を3回、2分06秒台を2回記録して、0.339秒差の3番手に進出。

初日総合3番手のフリアン・シモンは、2分07秒台を3回、2分06秒台を2回記録して、0.384秒差の4番手に入り、初日総合5番手のジノ・レイ、ワイルドカードのアレックス・マリニェラレナ、ポル・エスパルガロ、ミカ・カリオが続いた。

初日総合11番手のマルク・マルケスは、2分07秒台を4回記録して、1.039秒差の9番手。ジョルディ・トーレスがトップ10入り。

初日総合18番手の小山知良は、1.256秒差の11番手に進出。フリー走行1を制して初日総合2番手のアンドレア・イアンノーネは、1.632秒差の13番手。

初日総合28番手の中上貴晶は、1.767秒差の14番手。初日総合23番手の高橋裕紀は、2.034秒差の18番手。

初日総合4番手のトーマス・ルティは、2.046秒差の19番手だった。

TAGS Aragon

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising