フリー走行2:M.オリベイラが初日連続の1番時計

Friday, 28 September 2012

昨年同グランプリ後に解雇されたオリベイラだったが、初日に連続の1番時計を記録。幸先のスタートを切れば、ケント、カイルディンが続き、ポイントリーダーのコルテセは連続の4番手。ランク2位のビニャーレスは10番手から13番手に後退。事前テストを実施した藤井は、29番手から25番手に浮上した。

第14戦アラゴンGPのフリー走行2は28日、モーターランド・アラゴンで行われ、ミゲール・オリベイラがトップタイムをマークした。

気温16度。路面温度11度のレインコンディションの中、フリー走行1を制したオリベイラは、2分16秒台を2回記録。2分16秒726の1番時計を刻み、午前のラップタイムで第3戦ポルトガルGP以来今季2度目となる初日総合1番手に進出。

午前のセッションで5番手だったダニー・ケントは、2分16秒台を2回記録して、0.183秒差の2番手に浮上。週末最初のセッションで6番手だったズルファミ・カイルディンは、2分16秒台を1回記録して、0.271秒差の3番手。

4番手発進したサンドロ・コルテセは、2分17秒台を1回記録して、0.758秒差の4番手を維持。ジャスパー・イウェマ、ルイス・サロン、ニクラス・アジョ、ジョナス・フォルガー、ブラッド・バインダー、ルカ・アマトがトップ10入り。

フリー走行1で10番手だったマーベリック・ビニャーレスは、1.980秒差の13番手。

事前テストを実施して、当地に初挑戦する藤井謙汰は、午前の29番手から3.435秒差の25番手に浮上した。

TAGS Aragon

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising