公式予選:J.フォルガーがポールポジション奪取

Saturday, 29 September 2012

フリー走行総合3番手のフォルガーが、チームのホームでキャリア初のポールポジションを獲得。サロン、コルテセ、フェナティ、ケントが続き、ビニャーレスは6番手。フリー走行総合32番手の藤井は、34人中33番手だった。

第14戦アラゴンGPの公式予選は29日、モーターランド・アラゴンで行われ、ジョナス・フォルガーがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温16度。路面温度16度。トラックの一部が濡れたハーフウェットのコンディションの中、フリー走行総合3番手のフォルガーは、2分02秒台を2回記録した後、2分01秒715の1番時計を刻み、キャリア通算63戦目、移籍4戦目で初のトップグリッドを獲得。

フリー走行総合2番手のルイス・サロンは、フリー走行3で転倒を喫した際に左肩を強打したが、精密検査の結果、鎖骨骨折はなく、2分02秒台を2回、2分01秒台を1回記録。0.152秒差で自己最高位の2番手、今季初の1列目を獲得。

フリー走行総合4番手のサンドロ・コルテセは、2分02秒台を3回記録して、0.326秒差の3番手。7戦連続10度目の1列目を確保。

フリー走行総合19番手のロマーネ・フェナティは、2分02秒台を4回記録。0.487秒差の4番手に浮上すると、午前のプラクティスで2番手に進出したフリー走行総合6番手のダニー・ケントは、0.521秒差の5番手。

フリー走行総合11番手のマーベリック・ビニャーレスは、2分02秒台を3回記録して、0.647秒差の6番手。フリー走行3で1番手に浮上したズルファミ・カイルディン、フリー走行総合15番手のエフレン・バスケス、フリー走行総合1番手のミゲール・オリベイラ、フリー走行3で3番手だったアレックス・リンスが続いた。

フリー走行総合32番手の藤井謙汰は、最終ラップに2分07秒台に進出して、5.665秒差の33番手。

フリー走行3で右手首を骨折したルイジ・モルチアーノは、走行をキャンセルした。

TAGS Aragon

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising