ウォームアップ走行:D.ケントが決勝前に1番時計

Sunday, 30 September 2012

5番グリッドのケントが決勝レース前に最速ラップ。シシス、バスケス、フェナティ、リンスが続き、ランク2位のビニャーレスは8番手。ポイントリーダーのコルテセは11番手。ランク3位のサロンは転倒を喫した。

第14戦アラゴンGPのウォームアップ走行は30日、モーターランド・アラゴンで行われ、ダニー・ケントがトップタイムをマークした。

気温13度。路面温度16度のドライコンディションの中、5番グリッドのケントは、2分02秒台を4回、2分01秒台を1回記録して、2分01秒790の1番時計を刻み、決勝レース前のセッションを制した。

16番グリッドのアーサー・シシスは、2分02秒台を3回記録して、0.253秒差の2番手。自己最高位に進出すれば、8番グリッドのエフレン・バスケスは、0.260秒差の3番手。ロマーネ・フェナティ、アレックス・リンス、ズルファミ・カイルディンが続いた。

ポールポジションのジョナス・フォルガーは、2分02秒台を1回記録して、0.966秒差の7番手。6番グリッドのマーベリック・ビニャーレスは、2分02秒台を3回記録して、0.984秒差の8番手。ニクラス・アジョ、ミゲール・オリベイラがトップ10入り。

3番グリッドのサンドロ・コルテセは、2分03秒台を3回記録して、1.226秒差の11番手。

33番グリッドの藤井謙汰は、2分07秒台を1回、2分08秒台を3回記録して、5.949秒差の32番手。

2番グリッドのルイス・サロンは、3ラップ目に転倒を喫したことから、34番手に後退した。

TAGS Aragon

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising