フリー走行3:D.ペドロサが予選前に1番時計

Saturday, 29 September 2012

初日総合2番手のペドロサが、ウェットセッションで1番時計。初日総合3番手のロレンソが続き、初日総合1番手のスピースは3番手だったが、総合1番手を維持。ドビツィオーソ、ブラドルが続き、ロッシは1.2秒差の8番手。CRT勢では、エスパルガロが2.8秒差の12番手に進出した。

第14戦アラゴンGPのフリー走行3は29日、モーターランド・アラゴンで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマーク。ベン・スピースがフリー走行総合1番手を維持した。

気温15度。路面温度16度のレインコンディションの中、初日総合2番手のペドロサは、2分01秒台を3回、2分00秒台を1回記録。2分00秒490の1番時計を刻み、初日のタイムで総合2番手を維持した。

初日総合3番手のホルヘ・ロレンソは、2分01秒台を4回、2分00秒台を1回記録して、0.134秒差の2番手。初日のタイムを更新して、総合3番手を維持。

初日総合1番手のベン・スピースは、2分01秒台を1回、2分00秒台を最多の4回記録して、0.222秒差の3番手だったが、フリー走行2のタイムでフリー走行総合1番手を維持。

初日総合5番手のアンドレア・ドビツィオーソは、2分01秒台を最多の5回、2分00秒台を1回記録して、0.237秒差の4番手に入り、初日総合6番手のステファン・ブラドルは、2分01秒台を3回、2分00秒台を1回記録して、5番手に進出。

初日総合7番手のカル・クラッチローは、13ラップ目に転倒。初日総合9番手のカレル・アブラハムは、7ラップ目に転倒を喫したが、6番手、7番手に浮上。

初日総合8番手のバレンティーノ・ロッシは、2分01秒台を1回記録して、1.223秒差の8番手。ジョナサン・レイ、ニッキー・ヘイデンがトップ10入り。

初日総合13番手のアレックス・エスパルガロは、CRT勢の最高位となる2.846秒差の12番手に進出した。

TAGS Aragon

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising