決勝レース:C.ストーナーが地元スペイン勢を抑えてヘレスで初優勝

Sunday, 29 April 2012

5番グリッドのストーナーがグランプリに参戦してから11度目の挑戦で初優勝。ポールポジションのロレンソが2位、2番グリッドのペドロサが3位に入り、クラッチローが2戦連続の4位。ドビツィオーソ、バウティスタ、ブラドル、ヘイデンが続き、13番グリッドのロッシが9位。CRT勢ではエスパルガロが12位に入った。

第2戦スペインGPの決勝レースは29日、ヘレス・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーが今季優勝を飾った。

気温14度。路面温度15度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で1ラップを走り切らなかった5番グリッドのストーナーは、3ラップ目にトップに飛び出すと、レースの主導権を握り、2位に0.947秒差のアドバンテージを得て今季初優勝。

レース後、開幕戦のように前腕が上がらないように注意深く走ったことを認めたが、11年目のフル参戦で当グランプリ初優勝。当地では、2001年に参戦したスペイン選手権の最終戦以来となる優勝を挙げた。

ヘレス3連覇を目指してポールポジションからスタートしたホルヘ・ロレンソは、3ラップ目からストーナーを追いかけ、2位を獲得すれば、ウォームアップ走行で週末3度目の1番時計を記録した2番グリッドのダニ・ペドロサは、地元で7年連続の表彰台を獲得。最高峰クラスで通算100戦目を飾った。

4番グリッドのカル・クラッチローは、ペドロサをプッシュして、開幕から2戦連続の4位を獲得。7番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは2戦連続の5位。アルバロ・バウティスタ、ステファン・ブラドル、ニッキー・ヘイデンが続いた。

最高峰クラス通算200戦目を13番グリッドから迎えたバレンティーノ・ロッシは、エクトル・バルベラ、ベン・スピースを抑えて9位でフィニッシュ。

CRT勢の最高位10番グリッドからスタートしたランディ・ド・プニエは、中盤まで9位争いを展開。12番手走行中のラスト2ラップにリタイヤを強いられ、アレックス・エスパルガロがCRT勢最高位の12位でチェッカーを受けた。

次戦ポルトガルGPは、エストリル・サーキットで5日後の4日に開幕。6日に決勝レースが行われる。

TAGS Spain

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising