公式予選:J.フォルガーがチームのホームでポールポジションを奪取

Saturday, 10 November 2012

サマーブレーク明けに移籍してから安定して上位に進出するフォルガーが、チームのホームグランプリとなるバレンシアで、アラゴンに続き今季2度目のポールポジションを獲得。オリベイラ、サロン、コルテセ、ビニャーレスが続き、藤井は33番手だった。

最終戦バレンシアGPの公式予選は10日、リカルド・トルモ・サーキットで行われ、ジョナス・フォルガーがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温18度。路面温度15度のドライコンディションの中、フリー走行総合5番手のフォルガーは、1分42秒台を6回、1分41秒台を2回記録。1分41秒263の1番時計を刻み、第14戦アラゴンGP以来今季2度目のポールポジションを獲得。

フリー走行1を制した総合16番手のミゲール・オリベイラは、1分42秒台を6回、1分41秒台を3回記録。0.053秒差の2番手に入り、自己最高位に進出。

フリー走行総合10番手のルイス・サロンは、1分42秒台を5回、1分41秒台を2回記録。0.178秒差の3番手に入り、今季2度目の1列目を確保。

フリー走行総合9番手のサンドロ・コルテセは、1分42秒台を2回、1分41秒台を2回記録して、0.243秒差の4番手。マーベリック・ビニャーレス、エフレン・バスケス、ダニー・ケント、ニッコロ・アントネッリ、ルイス・ロッシ、アレッサンドロ・トヌッチがトップ10入り。

新人王を争うロマーノ・フェネティとアレックス・リンスは、11番手と18番手。

フリー走行3を制したエクトル・ファウベルは、1.297秒差の16番手。フリー走行2を制して総合1番手に躍り出たジョン・マックフィーは、3.215秒差の29番手。

初日連続して33番手だった後、フリー走行3で28番手に浮上した藤井謙汰は、3.630秒差の33番手。ルーキーシーズンのラストレースを11列目から迎える。

TAGS Valencia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising