フリー走行3:D.ペドロサが快走の最速ラップ

Saturday, 10 November 2012

フリー走行1で快走を見せたペドロサが最速ラップを連発。公式予選を前にフリー走行総合1番手に躍り出れば、ドビツィオーソ、クラッチロー、ブラドル、ヘイデンが続き、ロレンソは1.2秒差の6番手。僅か4ラップの周回だったストーナーは9番手。ロッシは11番手。中須賀と青山は15番手と19番手だった。

最終戦バレンシアGPのフリー走行3は10日、リカルド・トルモ・サーキットで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマーク。フリー走行総合1番手に浮上した。

気温17度。路面温度15度のハーフウェットなコンディションの中、路面状況が回復してきたラスト10分から集中的な走行が展開され、初日総合16番手のペドロサが、13ラップを周回して1分33秒台を3連発。1分33秒033の1番時計を刻んだ。

初日総合19番手のアンドレア・ドビツィオーソは、0.608秒差の2番手に進出すれば、初日総合12番手のカル・クラッチローは、0.639秒差の3番手。ステファン・ブラドル、ニッキー・ヘイデン、ホルヘ・ロレンソ、アルバロ・バウティスタ、ランディ・ド・プニエが続いた。

初日総合20番手のケーシー・ストーナーは、最後にコースインして4ラップを周回すると、1.958秒差の9番手。ミケーレ・ピロが10番手に入り、バレンティーノ・ロッシは、2.791秒差の11番手。

初日総合14番手の中須賀克行は、10ラップを周回して、3.234秒差の15番手。

初日総合10番手の青山博一は、13ラップを周回して、4.668秒差の19番手。最多20ラップを周回したチームメイトのイバン・シルバから0.948秒差だった。

TAGS Valencia

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising